京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸住宅の立地条件の完全な把握

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅を探す際には今ではインターネットを利用して自分で探す事が出来ます。これにはメリットもデメリットもあります。メリットは気軽に様々な条件で複数の物件を探す事が出来て、一人で行うので店舗で相談するよりも気兼ねなく探す事が出来ます。また仲介手数料をかけずに節約して探す事が出来ます。デメリットは物件に関しての詳しい情報を得る事が出来ない点です。つまり、インターネット上の説明と写真だけではわからない情報が得られないという事です。部屋の向き等は記載されていますが、どの程度日光が入ってくるのかは実際に確かめないとわからないです。

自分で賃貸住宅を探す場合には部屋の内装や建物の外観だけではなく、立地条件に関して考える必要があります。この立地条件に記載されている項目は駅からの距離や、近くにスーパーやコンビニや大学があるかということです。距離ではなくて徒歩でどれぐらいかかるかを記載されている場合もありますが、その場合に注意したいのがこの徒歩何分というのは、信号が全て青であり一度も止まらずに最短距離で歩いた場合を指します。つまり実際は記載事項よりも時間がかかるということになります。また、スーパーやコンビニにおいても個人で好みもあるのでその下調べも重要になっていきます。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.