京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

一人暮らしの賃貸生活でガスや電気を節約

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の一人暮らしでお金がなく、家賃だけで生活費が飛んでいく生活はなるべく避けなければいけません。食費を減らし過ぎると身体を悪くするので、減らすとしてたらやはり水道、ガス、電気などの光熱費などです。とくにガスは減らそうと思ったらとことん減らすことができます。まず物件を選ぶときにプロパンガスを使っている物件を選ばないようにします。都市ガスを使っているところのほうが基本料が圧倒的に安いです。

コンロも電気コンロであればガスを使う必要はなくなります。夏場は水風呂でも入ろうと思えば入れます。そうすると夏場は一切ガスを使わずに済みますので、ガス自体をいったん止めることもできます。冬場だけまた使うようにするのです。

電気も使わないようにすることはできます。冬の暖房に一番電気代がかかりますが、その場合はなるべく厚着をするなどして暖房をつけないようにします。しかし、いくら着こんでも手足は冷えていってしまうので湯たんぽなどで暖めるようにします。トイレに入るたびに電気をつけるのももったいないです。懐中電灯にするか他の部屋に灯している電気の明りで済ますようにします。徹底的に光熱費を減らして少しでも賃貸生活に余裕を持たせましょう。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.