京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸住宅の家賃に関して

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅に引っ越す際には自分の条件の中に家賃も入ってきますが、この家賃は立地条件や築年によって変わってきます。また駅から近いと言っても、都心部の駅と郊外の駅の近くでは家賃が違ってきます。都心部は基本的に土地の値段が高いので、その場所に住む場合は必然的に家賃も上がっていくことになります。自分がどうしても都心部の駅の近くに住みたいが、家賃にかける予算がオーバーする場合には、部屋の広さや築年数において妥協する事になります。

逆に郊外の駅の近くに住む場合は多少条件を厳しくしても予算オーバーをする事が少なくなります。まず自分の予算を設定して、その範囲内で条件に合う賃貸物件を探す事が重要になっていきます。築年数に関しては築40年にもなると破格で借りる事が出来ますが、劣化が進んでいるのが当然であるので、景観は良いとは言えない事になります。この場合は駅の近くであっても安く借りれる場合があるので、綺麗で無くても立地条件が良くて家賃が安ければ良いという人にはオススメです。また大学の近くの場合は学生限定で家賃を下げたりしている物件もあるので、自分が学生であればそういった物件に絞って探す事もオススメになってきます。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.