京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸マンションの階層について

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸マンションは階層によって家賃が変わってきます。その理由としては防犯という点になります。つまり階層が低ければ低い程に窓から部屋に侵入されるリスクが高いという事になります。また、マンションが大通り沿いにある場合にも家賃は高くなっていき、大通りは人通りが多いので目に付きやすいという防犯上の理由になってきます。マンションは階層が高いと周囲の建物に邪魔されずに日光が射すので洗濯物が良く乾くという理由でも好む人がいます。逆に火事や地震によって火災が起きたときに逃げ遅れるという危険性も出てくるので、どちらを選ぶかは様々です。また、一階に住んだ場合は虫や害虫が外から侵入してくる場合があるので、虫がどうしようもなく嫌いという人は出来るだけ上の階層に住む事がオススメです。

賃貸マンションへの引越しの際の料金は階層によって変わってくる場合もあります。つまり階層が高ければ高い程に引越し料金が高くなっていき予算オーバーする事にもなります。また、大きな家具を購入して配達してもらう場合にも別途料金がかかってくる場合があるので注意が必要です。上の階層に住む事によって得られるメリットは、日当たりや景色が良く見えるという事です。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.