京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

4月ぐらいが賃貸の掘り出し物が見つかるかも

このエントリーをはてなブックマークに追加

良い賃貸物件を探そうと思ったのならば、時期をきちんと考えておかなければならないと思います。基本的に、1月から4月というのは空き部屋が多くなる時期なのです。そしてそのピークになるのが、3月と覚えておきましょう。逆に、空室の物件が一番少なくなってしまう時期というのは何時頃になって来るのでしょうか。それは、夏前後になって来るのです。夏前後が一年中で、一番物件が少なくなるのです。4月に入りますと、段々と動きが落ち着いて来ます。そして、夏に向けて残った物件が少なくなります。

4月中旬になっても入居者が居ない物件があります。そのような物件の場合、もしかしたら、一年中、空き部屋となってしまう可能性が出て来るのです。ですから、大家さんや不動産会社さんも、その入居者が居ないという事を回避したい為に、家賃を下げたり、礼金をまけてみたり、設備などを良くしたり等、色々な工夫をするのがこの時期になっています。つまり、こういった時期と言うのは、確かに空き部屋は少ないかもしれませんが、掘り出し物が出て来るという時期でもあるのです。

だから、1月から3月に部屋が見つからなかったと言っても諦める事は無いでしょう。まだチャンスはあると思って余裕を持って探してみましょう。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.