京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

1人暮らしで初めての賃貸契約をしました

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人になったときに初めて賃貸契約をしました。それまではずっと寮生活だったので、賃貸契約がどんなものかはわかりませんでした。契約に当たって「良かったこと」・「良くなかったこと」・「今後のために気をつけること」を書いてみます。

・良かったこと駅前の不動産屋に入りましたが、対応してくれた方が地元育ちの詳しい方で、ここまで徒歩だと何分、バスはこの通りが多いなど、いろいろ親身になって教えてくれました。また、安くみえる物件のからくりなども詳しく教えてくれました。直接管理している物件であり、更新料も1ヶ月満額でなかったこともうれしい誤算でした・良くなかったこと内見にいった部屋が同じつくりだけど1つ上の階だったため、実際の日当たりが全然違いました。探す時間が全然なく、1件目で決めてしまったことも後々公開することになりました・今後気をつけること関連法規に全然詳しくなかったため、支払う必要のない退去時のクリーニング費用や、経年劣化により減価償却される畳やクロスの張替えについても費用負担をする旨が記述されていたのですが、知らずに契約してしまいました。

以上、初の賃貸契約での感想です。良かったことは次もあるとは限りませんが、良くなかったことや気をつけるべきところはしっかりと確認して次の引越しに備えたいと思います。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.