京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸物件の家賃振込口座は

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件の家賃は、毎月支払う必要が出てくるものです。そのため、口座引き落としにしている人もいるはずです。気をつけなくてはいけないのは、毎月の口座振込をしている場合です。口座振込の手数料が消費税増税後に上がった銀行も多く、それまで手数料が無料だと思っていたところでもかかるようになってきています。そのため、銀行でも振込み手数料がかからないところを選んで振り込むのがおすすめです。

振込手数料が210円の銀行だと、年間にすると2,520円。そんなに高額ではないような気がしますが、毎月の支払いで年間分を計算すると1,000円分のランチが2回ほど楽しめる計算になります。そんなにたいしたことのない金額のように思いますが、振込手数料0円のところは存在します。その銀行を選べば2,000円程度が軽く浮くと考えると、振込口座として手数料無料の銀行を選んでみるのはどうでしょうか。

消費税が増税して、それまでの銀行間振込手数料が高くなった銀行も存在します。毎月数百円ならそんなに負担ではないような気がしてそれまで支払っていたという人も、年間でどれだけ節約できるかを考えてみるのもいい機会です。手数料無料の口座を作って、お得に家賃振込をしてみてください。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.