京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸住宅の家賃を安く抑えるために

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅に住んでいる人のなかには家賃を少しでも安く抑えたいと思っている人も少なくないでしょう。その方法の一つに支払い方法を変えることで安くなる可能性があります。基本的に賃貸住宅の家賃の支払いは月極めつまり毎月決まった期日であることが多いです。それを毎年一年分を前払いすることで家賃を安くしてもらえることがあるのです。というのも、住宅のオーナーにとって一番嫌なことは家賃の不払いが起こることです。住民に交渉すると揉め事になることもありますし、何気に気を使ってしまいます。また、不払いのまま引越ししてしまうケースもあるのです。そうなるとオーナーの損と言うことになります。

しかし、一年分を前払いしておくと、オーナーには一年間支払いを要求する手間がなくなるわけです。もちろん、家賃一年分はしっかりと確保できているため、オーナーの負担は大幅に軽減されるのです。そのため、オーナーにとっては一年分の前払いのほうが理想的です。そこでオーナーと交渉する余地が生まれてきます。つまり、「家賃一年分を前払いするから、その分1ヵ月あたりの家賃の価格を下げてくれませんか?」といった具合です。この交渉は意外に多くのオーナーは乗ってきてくれます。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.