京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸物件の家賃は交渉次第です

このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃交渉をすることで、いくらかでも賃貸物件の家賃が低くなる可能性があるのであれば嬉しいものです。長期間、部屋の借り手がいない場合などは、大家さんにとっては大切な家賃収入がありませんから、家賃の値下げの交渉に応じてもらえる場合もあります。家賃は値下げしてもらえないと決め付けている方も多いかもしれませんが、決してそのようなことはありません。特に空室の期間が長い物件であれば十分に値下げの交渉は可能です。大家さんの中には、せっかく借りてくれる人がいるのであれば少しくらいは値下げをしてでも契約をしてもらいたいと考える方も多いものです。値下げの幅はあまり大きく狙わずに、1,000円でも良いでしょう。例え1,000円だとしても、年間で12,000円の値下げです。この差を大きいと見るか小さいと見るかは人によって違うかもしれませんが、賃貸暮らしに於いては決して小さい金額ではない筈です。

但し、家賃の値下げの交渉は契約する意思を固めてから行なうようにしましょう。意思が定まっていない状態で、交渉をし、値下げをしてもらったにも関わらず結果的に契約をしなかった場合は大家さんや不動産会社の心象を悪くしてしまいます。その後に、その不動産会社から物件の紹介をしてもらえないこともあるかもしれませんので、自分の気持を固めた上で交渉をするようにしましょう。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.