京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸の良いところと悪いところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は五年前に賃貸に住んでいたことがあります。社宅がいっぱいでしかたなくなのですが、賃貸だと好きなところに好きな価格で好きなだけ入れる魅力があります。実際私も大型ショッピングセンターのとなりで町からも近く歩いて行ける距離にマンションでは珍しくお安い家賃で住めていました。自分たちも便利で人に説明する時もとなりに大型ショッピングセンターがあるので説明したときにすぐわかってもらえてよかったです。なのですが、当然火災保険には義務なので入ったことはいいのですが、運がわるいことに入居半年で漏水にあってしまったのです。わざとではないので、しょうがないことだとは思いますが、原因もわからず上の階の人と大家とかお互い責任は自分ではないといいだし、私には困惑するばかりでした。

結局最後まで原因もわからず、私は泣き寝入り状態で許せなかったので、大家に直接請求しました。それというのも家にいたのでおかしい状態にきづき、漏水部分の下にあったものを私が避難させたから、被害はないことになって一円も自分の火災保険からはでないといわれたからです。大家さんは賃貸で家を貸している方なので家に対して出るのでそちらに請求した始末です。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.