京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸住宅では周辺環境の変化に対応できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅の周辺地域というのは月日を経るたびに変化していくものです。その変化は良い変化もあれば、当然のことに悪い変化も想定することができます。たとえば、スーパーマーケットを例に挙げれば、近所に新しくできる可能性もあれば、逆に今まであったスーパーが潰れてしまうこともあります。日用品の買い物の利便性にも影響を与えることになります。利便性が悪化したら住み心地は悪くなってしまうのです。このように、住宅でどのような変化になるのか誰にも予知することはできません。そのため、賃貸住宅にメリットが生じるのです。

もしも、住宅を購入してそこに住むとなると、仮に周辺環境が悪化したとしても、なかなかそこから移り変わることはできません。その住宅を売却するなどして処分する必要があるからです。周辺環境が悪化したのなら、買い手が見つかりにくく売却額も低い可能性もあるのです。しかし、賃貸住宅に住んでいたのなら安心です。周辺環境が悪化したとしても住んでいるところの賃貸契約を打ち切って、別の新しい場所に移り変わっていけばいいからです。予測をすることのできない周辺環境の変化に対応できるのが賃貸住宅の大きなメリットの一つとなっているのです。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.