京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸住宅に住んでみた感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は賃貸住宅に三度住んだことがありますがそのメリットは、やはりローンがないということです。仕事上転勤族の私は家を買っても結局売却しなければならないかもしれないというリスクを背負わなければなりません。賃貸であれば新しいマンションを選べばほぼ分譲住宅と同じような雰囲気で且つ頭金やローンの心配をすることなく住むことができます。

賃貸住宅のデメリットとしては隣近所にどんな人が住んでいるのか把握することが難しいという点です。分譲住宅の場合は高額のローンを組むことができるという審査を通過した人が住むことになるのでそこまで心配する必要がないのですが、私の経験上賃貸住宅の住民同士によるトラブルは多いような気がします。例えば駐車場の問題や騒音問題があります。

総合判断としては賃貸住宅に住むのに適している人は転勤が多く、あまり近所付き合いを積極的にしないタイプの人だと思います。せっかく親密になれたとしても、すぐに引っ越してしまう人が多いので、近所の方とはある程度割り切って適度におつきあいすることが肝心だと思います。今は次々と新しい賃貸住宅が建っていますのでご自分のライフスタイルに合ったマンションをよく探して決めたほうがいいと思います。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.