京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

映像を使った賃貸ネット戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の不動産業界は、物件広告の方法としてホームページの利用が当たり前になりました。その為、全国の転勤族からの問い合わせも多くなっており、まさに全国がテリトリーとなっています。そこで、売買物件だけに限らず賃貸物件においても、その表示方法に工夫をしたいところです。幸い最近では、ユーチューブを始めとする動画の活用も出来ますので、最大限に利用したいところです。

勿論、既に映像を活用している業者も多く見受けられますが、あくまで物件の室内の映像ばかりであるのが現状みたいです。それよりも、最寄り駅付近からのルートも映像にして紹介する事で、ネット検索された人達にも、物件の場所までが把握出来ると思われます。それにより、問い合わせをして来るお客様の成約率も上がるのではないでしょうか。

これからの時代は、厳しい競争でもありますので、ここまでの配慮をしておきたいものであります。また、この手法で地元の紹介等をするのも面白いと思います。やはり、その地域がどの様な場所であるのかに興味を持っている人は、多いだろうと考えられます。いずれにしても、ブログ等で媚びを売るような事をする必要は無く、物件検索者が求めているニーズを適切に発信するのが大切でしょう。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.