京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸での生活は気楽です

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は生まれてから今までずっと賃貸での生活をしていました。10年に1度くらいの周期で引越しもしていました。引越しは大変ですが気分転換になりました。ところが、最近、家族が家を建てることになり、そこに住まわせてもらうことになりました。新しくできた家は、綺麗で広くとても気持ちのいいのもでしたが、そのかわり、ズボラで大雑把な性格をしている私には、家に対しての気遣いが大変なものでした。

これからずっと住んでいくことになる家だと思うと、傷をつけてはいけないという思いや、掃除もこまめにしなくてはいけないという思いがついて回ったのです。生まれた時から持ち家に住んでいたら、ここまで緊張はしなかったんだろうなとも思います。その後、私は結婚をして新居として賃貸を借りることになりました。もちろん、賃貸も敷金のことを考えると傷をつけてはいけないなどの気は使いますが、それでもやっぱりどこか気楽に思える自分がいます。そして、この場所に一生いなくてはならないという縛られた感じもありません。いつか、また違った環境で新しい生活ができると思うと、少し楽しみでもあります。この先、自分たちも家を買うかもしれませんが、とりあえずは、気楽な賃貸暮らしを満喫しようと思います。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.