京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸アパートでの生活について

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は2年前まで賃貸アパートに妻と娘と生活していました。娘は当時2歳で妻が日中面倒を見ていて私は平日は会社に勤務していました。住み始めた時はまだ子供はおらず私と妻との2人暮らしで、住み心地はよくて事前に周囲の環境なども考慮して部屋探しをした為に不自由はありませんでした。徒歩でデパートに行けたり、駅やコンビニ、スーパーなども近くてとても魅力的でした。交通量は大きな道路に面していないために少なくて夜なども窓を開けても静かに過ごすことが出来ました。私が住んでいたアパートは大半の方が小さい子供がいたために、日中は少し騒がしい感じでしたが、子供たちの声を聞いていると明るい気持ちになり、自分も子供が欲しいと思ったりもしました。

その後娘が生まれて、3人でアパートに住んでいましたが、狭くもなくむしろどこにいても娘の状況に目を向けられる環境でしたのでとても良く感じ、家族と同じ空間で近くで話をすることが出来てよかったと懐かしく感じます。今は一戸建ての住宅を購入し子供は2人いますが、当時のアパートのよなコミュニケーションのある空間にしようと設計の時点でこだわりました。今後機会があれば、ぜひまた少しでもいいので賃貸で生活して見たいと思いました。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.