京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

賃貸住宅を借りる際の仲介について

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅を借りる場合に多くの人は不動産会社を訪ねて部屋を探してもらう行動を取りますが、個人的に物件のオーナーを訪ねて契約する事も出来ます。仲介してもらうメリットとしては自分でインターネットで条件を付けて探す手間と時間が省けるという点と、契約後にトラブルがあった場合に特典を受けられる場合があるということです。デメリットは仲介手数料がかかるので、家賃に加えて余計にお金がかかるという事です。出来るだけ低予算で計画している場合は個人で探す方が良いと言えます。

個人で探す事によるメリットは仲介手数料がかからないと言う事と、じっくり条件に合った物件を探す事が出来る点です。インターネットで探す事も可能になっているので、誰でも無料で探せます。デメリットは築年数によっては写真だけで物件の景観を判断する事が出来ない点です。また、契約後の水回りや鍵に関してのトラブル等で特典を受ける等の得になることが無いです。自分で探すという事はオーナーとコミュニケーションを取る機会が産まれるという事なので、関係を持っておけばトラブル等の際に快く対応してくれる場合もあります。出来るだけ時間をかけたくない場合は仲介を選ぶのが正しい物件探しです。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.