京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

家の将来を気にしすぎるなら賃貸で暮らしなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

安心して生活するためには住まいというのが必要なわけですが、それは大きく大別すると戸建てやマンションのような住宅を購入して暮らす場合と賃貸を借りて生活するという場合にわけられます。どちらにも一長一短がありまして、後者の場合はずっと借主のままであるというデメリットがあります。

だから家を買って暮らす人が多いわけですが、一度購入してローンを完済したらそれで終わりかというとそうではないのが痛いところなのです。建物はだんだん老朽化するので途中でまた大金を投じてリフォーム工事をやらないとならないし、毎年永久に固定資産税を払わないとならず、払えなければ預金口座や家そのものを差し押さえられるかもしれないし、自分たちが逝った後の相続で、すでに都合などで誰もその住まいに住んでいないとしたならば売却しないとならないけど、売れなければ後継世代が永久に税金払わないとならないのかなどいろいろ心配するべきことがたくさんありすぎるのです。

ですが家を購入した後のはるか先の将来を気にしすぎるなら賃貸で暮らしたほうがいろんな意味で得策なのは言うまでもありません。いつまでも借主のままでいなければならないというデメリットはありますし、新しい物件探すたびに入居審査受けないとならず下手したら路頭に迷うかもしれないですが、それよりもローンや税金や相続での悩みがなくなって他の後継世代など親族に金銭面での迷惑をかけることがなくなるからです。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.