京阪神の賃貸事情について

New Entry
京阪神の賃貸事情について

1LDKの賃貸マンションに一人暮らしをしている私について

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は現在1LDKの賃貸マンションに一人暮らしをしていますが、私自身地元から離れて現在の場所に暮らしているため、私のまわりには知り合いが全くいない状態です。過去の友人と仲良く過ごすことも生涯において大切なことですが、知り合いが全くいない環境で交友関係を築くことも、人が生きる上で大切なことに思います。私自身一人暮らしをすることを決意したときに、実家に比較的近い場所で住むことを考えましたが、近くに暮らすことによって両親を頼ってしまいそうな私がいたため、自分自身がしっかりと自立するためにも、実家から離れた場所で暮らす方が良いと私自身判断しました。

現在暮らす賃貸マンションから実家まで車で1時間以上の時間がかかるため、私が実家に帰省するのは、多いときで月で1回ぐらいになりました。両親から寂しいと言われることで私自身帰省するようにしていましたが、最近は一人暮らしの生活に慣れてきたこともあり、実家を全く頼ることなく生活することができるようになりました。私自身ようやく親から自立することができたと思うため、今後は両親に親孝行をしながら、一人暮らしの生活を楽しみたいと考えています。生活に慣れるまで本当に大変でしたが、一人暮らしすることを決意して本当に良かったです。

関連記事

Copyright (C)2017京阪神の賃貸事情について.All rights reserved.